よく知られているのが、「タイミング」

MENU

よく知られているのが、「タイミング」

赤ちゃんが欲しいって思う時に、「できれば…」とか「絶対」希望の性別の赤ちゃんならいいな、って考える方は多いはず。

 

実際、私もその内の一人でした。

 

子宝祈願のお参りの時に、こっそりお願いしたり。おまじないを試してみたり。

 

でも、神頼みなんてしなくても、実は産み分けの方法があるんです。

 

ただし絶対ではないので、そこはご了承くださいね。うまくいけば50%の確率を70%ぐらいにアップできます。

 

よく知られているのが、「タイミング」です。

 

排卵日当日に仲良しすると男の子。排卵日の二、三日前だと女の子の可能性が高くなるんです。

 

これは、赤ちゃんの元である精子の性質によるものなんですって。男の子になる方は寿命が短くて素早く、女の子の方がのんびりで長生きなんです。女の子希望なら、排卵した時に既に待ち構えてもらわないと駄目ってことなんですね。

 

あと、「仲良しの中身」にも影響を受けます。

 

あっさり目だと女の子、濃厚だと男の子の可能性が高くなるとか。これは女性の身体の状況によって、どっちの精子に有利かってことによるそうです。

 

私も色々試してみて、二人目で希望の性別の子が生まれましたよ。産み分けが成功した結果かどうか、謎ですが。