男女の産み分け

MENU

第二子をもうける時は産み分け方法に挑戦

子どもが無事に生まれてくれれば男でも女でも嬉しいとは言いつつも、妊娠中は密かに女の子だったらいいなぁと考えていました。

 

しかしかなり早い段階で男の子と判明し、生まれたのも実際男の子でした。

 

男の子ももちろんとてもかわいいのですが、元々夫も女の子が欲しいと言っていたので、第二子をもうける時は産み分け方法に挑戦してみようということになっています。

 

雑誌やインターネットで調べてみると、中には「これって信ぴょう性あるの?」「ただの都市伝説では?」と首を傾げたくなるものもありました。

 

しかし幾つかは科学的な根拠に基づいた方法もいくつか紹介されていました。

 

その一部は、女の子を望む場合排卵日の2〜3日前に性行為を行うこと、それ以外では否認すること、夫は禁欲をしないことなどです。

 

子どもは天からの授かりものだと私たち夫婦は考えているので、あまり女の子に執着して厳密に産み分けを実践する気はありませんが、こういう方法もあるのならチャレンジしてみよう!という気持ちで試してみたいと思っています。